銀歯をやめてセラミックにしよう|歯医者さんで白い被せ物を選ぶ

好きなときにケアできる

治療

自分の歯を鏡で見たときに黄色くて驚いたことのある人は少なくないでしょう。歯の黄ばみというのは加齢や生活習慣、遺伝などいろいろな原因が考えられます。例えば、毎日色が移りやすいカレーやスパゲッティ、ワインなどを口にしていると歯に色が付いてしまうでしょう。また、タバコを吸う人も歯が黒ずむことがあります。このような黄ばみや黒ずみを落として、芸能人のような綺麗な白い歯を手に入れたいという人は武蔵小杉の歯科でホワイトニングを行なってもらいましょう。歯を白くする方法にはホワイトニングとラミネートベニアというものがあります。ラミネートベニアという方法は歯の色を白くするために表面を削りそこにセラミックの薄い被せ物をするという方法です。この方法だと黄ばみを落とすために健康な歯を削らなくてはいけないのです。そのため、武蔵小杉の歯科ではその方法ではなく削る必要のないホワイトニングが採用されています。武蔵小杉にある多くの歯科でよく行なわれているのがホームホワイトニングという方法です。この方法は、歯科でマウスピースを作り、薬剤と一緒にそれを受け取って自宅でケアを行ないます。毎日2時間薬剤を塗布したマウスピースを装着することで少しずつ歯を白くすることができるでしょう。この方法のいいところは自分のタイミングでケアを行えるということです。予約を取り歯科へ足を運ぶ必要がないので、忙しいという人にもピッタリでしょう。また、徐々に白くするので自分の歯の色を調節しやすいというメリットもあります。黄ばみを気にしているなら武蔵小杉の歯科でホームホワイトニングができるか相談しましょう。