銀歯をやめてセラミックにしよう|歯医者さんで白い被せ物を選ぶ

摩擦を減らした方法

レディ

歯の凸凹を治してスッキリした口元を作りたい、見た目を綺麗にしたいと感じている人は少なくありません。歯並びの悪さというのはこのように見た目の大きなコンプレックスの1つとなってしまうのです。また、歯並びが悪いとこで消化不良や顎関節症、発音障害を起こす可能性もあるのです。自分の歯並びや子どもの歯並びが気になるという人は神戸にある矯正歯科で相談をしましょう。神戸の矯正歯科の多くで行なわれているのが金属の装置とワイヤーを使った矯正方法です。多くの人が矯正と聞いて思い浮かべるこの方法はブラケット矯正と呼ばれています。細かく動かす位置を調整することができるのでいろいろな歯並びを治すことができる矯正方法なのです。神戸の一部の矯正歯科ではこの方法以外の治療法も取り入れています。デーモンシステムと呼ばれる矯正方法は、今までと違う形の装置を用いることで摩擦を抑え少ない力で矯正を行なうことができます。弱い力を持続して与えることで、今までの矯正方法よりも短い時間で治療を終えることができるのです。この他に、神戸の矯正歯科ではローフリクションと呼ばれている方法もあります。この方法では今までの装置より隙間が大きくて自由度の高い装置を使っています。そのため、より複雑な歪みや大きく歯を動かす場合に用いられているのです。こちらの方法も摩擦が少なく、矯正のときの痛みをあまり感じません。歯並びを治したいのであれば、これらの方法を相談できる神戸の矯正歯科へ足を運びましょう。