銀歯をやめてセラミックにしよう|歯医者さんで白い被せ物を選ぶ

目立たない矯正方法

女性の口

バラバラになっている歯並びは見た人に良い印象を与えません。そんな歯並びにコンプレックスを持っているという人も少なくありません。歯並びを整えたいと考えている人は矯正を専門に行なっている歯医者さんへ足を運ぶといいでしょう。矯正と聞いて多くの人が歯に装置を取り付けてワイヤーを通した姿を思い浮かべます。多くの歯医者さんで用いられているその矯正方法はブラケット矯正というものです。0.1ミリという単位で細かく歯を動かす位置を決めることができ、いろいろな歯並びに対応できる矯正方法なのです。そんなブラケット矯正は治療中に装置やワイヤーが目立つという欠点があります。そこで、一部の歯医者さんはそれをカバーするために装置を舌の触れる方へ取り付けた裏側矯正という方法を行なっているのです。表側から見えていた装置を見えにくい裏側に装着するので、笑ったり話したりしたときも装置が見える心配はありません。また、裏側矯正にはこの他にもメリットがあります。それが、普通の矯正を行なうよりも虫歯のリスクが低くなるということです。矯正を行なっているとどうしても装置のせいでブラッシングがしにくくなってしまいます。その結果歯や装置の周りに食べカスが残りやすくなって、虫歯や歯周病になってしまうのです。裏側矯正の場合、常に唾液が触れている部分に装置があるので、唾液のおかげで虫歯や歯周病の菌が繁殖しにくいのです。綺麗な歯並びや健康を保つためにも裏側矯正のできるところを探しましょう。